• 問合せ
  • 調査研究報告
  • 議会報告
  • マニフェスト
  • 実績紹介
  • ニュース&レポート
  • 議員紹介
  • 区民相談
  • 暮らし情報
  • リンク

ホーム > 調査研究報告 > 視察報告:岡崎ビジネスサポートセンターについて

前へ 一覧へ 次へ

視察報告:岡崎ビジネスサポートセンターについて

2015/07/24

報告者  :
はねだ福代
参加者  :
はねだ福代
ブログ報告者:
はねだ福代 7/24のブログ掲載

研修年月日 :
平成27年7月16日
視察研修場所:
岡崎ビジネスサポートセンター(岡崎図書館交流プラザ内)

区政の課題・調査目的

墨田区には商工業推進のため中小企業センター、国際ファッションセンター等、様々な相談窓口があり、創業支援・取引相談・あっせん事業・販路開拓などを行っている。

これらを最大限に有効活用し更に成果の出る支援の実施に向け、実績を上げている岡崎ビジネスサポートセンターを調査する。


視察・研修・質疑内容

開設の背景 平成24年に岡崎市商工労政課SBCB(ソーシャルビジネス・コミュニティビジネス)事業アンケート調査を行った。(150社)

■経営課題について

  • ・もっと売り上げを伸ばしたい
  • ・新商品の開発に力を入れたい
  • ・情報発信

■経営課題の相談相手について

  • ・税理士・会計士
  • ・相談したことがない
  • ・金融機関

相談相手である、税理士・会計士や金融機関は、主に数字のチェックを行うネガティブチェックでありモチベーションもあがらない。また、相談したことがない、相談方法がわからない等のアンサーがあり、売上アップを応援する「小さな企業の応援団」としてOkaビズを開設。

年間1700社を超える企業、起業家からの相談実績のあるf−Bizを見本に、そこで学んだ秋元センター長、高嶋副センター長を始め、商工会議所から中小企業診断士、更にデザインアドバイザー等サポート陣をフル活用し女性の起業家の相談も多いとのこと。

新規口コミ率78%、相談リピート率73%と相談者のニーズを的確に捉えている。

視察・研修実施後の感想

成果をあげるための4つのポイントとして
(1)真のセールスポイントを活かす
(2)ターゲットをしぼる
(3)連携「つながり」をいかす
(4)知ってもらう。
そして、大事なのは「お金をかけずに」と教えていただきました。相談場所は、岡崎図書館交流プラザ2Fの一角、決して広い場所ではありません。オープンスペースの中で相談が行われ、明るい空間で何でも言い合える雰囲気を感じました。

企業の悩みに真摯に寄り添い、その企業の良いところを見つけ、つながる知恵を出し、企業の強みとして伸ばしていく。サポートセンターの熱意がすごく感じられ、現場を視察し、相談者が増え、成果が上がる理由がわかりました。